運営の特徴

運営体制

チャレンジド3~5名に1名の班長(スタッフ)が指導員としてついています。班長は仕事の質の維持向上を図ることはもちろんのこと、チャレンジドが今以上に成長するための環境づくりと、定期的に勉強会を開き支援を行っています。また、チャレンジドが公私共に充実して過ごせるように、コミュニケーションを大切にしています。

班長との個人面談
班長との個人面談
色々な題材で勉強会を実施
色々な題材で勉強会を実施

チャレンジ目標

チャレンジド達は自分達の実現したい目標(テーマ)を決めて毎日取り組んでいます。毎年、12月末にチャレンジ目標を立て、3ヶ月に一度見直しをしています。目標を立てることで、何かにチャレンジし、達成することの喜びを経験してもらい、一人ひとりの更なる成長を目指します。

一目で分かる達成度
一目で分かる達成度
パソコン練習中
パソコン練習中

主な取り組み課題

  • パソコン検定3級取得
  • 普通自動車運転免許取得
  • 健康の為、ウエイトダウンなど

保護者・地域支援機関とのコミュニケーション

ブリヂストンチャレンジド(株)は「雇用の場を提供する」だけではなく、「チャレンジド達の社会的自立を手助けする」という理念を持っています。そのため、スタッフとチャレンジドとその保護者の方との意思疎通は非常に重要で、“連絡帳”を使ってチャレンジドがイキイキと働ける環境づくりに努めています。
また、地域支援機関とのつながりも大切にしています。
保護者会に地域支援機関の方を招くなど、保護者・支援機関・会社が連携を図り、より良いサポートが出来るよう努めています。

相関図 連絡帳は毎日記入
連絡帳は毎日記入
支援機関を招いての保護者会
支援機関を招いての保護者会